会社概要

経営理念・方針

  • ● 株式会社重本組は提案力・行動力・サービス力を発揮し、安全で良質な生活環境づくりをします。
  • ● 株式会社重本組は建設サービス業を通じて、地域を守り、地域を活性化します。
  • ● 株式会社重本組は人を大切にし、仕事にやりがいと誇りをもち、関わる人を幸せにします。

重本組が目指す日本一!

代表者メッセージ

私たち重本組は昭和46年に法人化し、まもなく50年を迎えようとしています。

戦後、地域の人々が山を開墾して、マスカットなどの農産物の栽培を始めました。コンクリートや石を用いて温室の基礎を上屋は木造でガラス張りで建築していました、当時は今より寒かったので、ボイラーを設置したり穴を掘って用水を確保していました。
そのような工事を祖父である初代代表取締役 重本覚治がお手伝いさせていただいたのが創業のきっかけと聞いています。

高度経済成長期に入り、国のプロジェクトとして山陽新幹線が建設される頃、大型工務店の下請けで住宅の基礎工事や病院など公共建築の工事を祖父や父親が行いました。

バブル全盛期には、瀬戸大橋など大型公共工事が多く実施される中、重本組も岡山空港や山陽自動車道に関連する整備工事に携わりました。

バブル経済の崩壊を経て経済が低迷する現在、全国各地では自然災害も多発しており、私たち建設業のあり方を改めて考えさせられます。

初代代表は地域の方に大切にされる会社を目指してきました。
時代や環境が変われども、私たち重本組は、創業の原点に立ち返り、地域の人々が生活する家や土地、畑や田んぼ、山や川などの自然環境がある限り、地域を守る存在であるべきだと考えています。

その思いを胸に地域に根ざした建設サービス業を目指して、日々取り組んで参ります。

代表取締役

概要

会社名 株式会社 重本組
住所 〒701-1134 岡山県岡山市北区三和1553
営業内容 公共工事、造成工事(宅地、工場、墓地等)、外構工事(土留擁壁等)解体工事(一般家屋、倉庫、建物等)、その他(アスファルト、コンクリート舗装、除草、伐採、田畑整備など)
許可番号 岡山県知事 許可(特-26) 第23956号
岡山県知事 許可(特-30) 第23956号
許可年月日 平成27年1月30日、平成30年12月20日
建築業の種類 土木、とび、土工、石、鋼建造物、舗装、しゅんせつ、塗装、水道施設、解体工事
資本金 5,000万円
会社設立 昭和46年5月8日
取引先 岡山県、岡山市、空港管理事務所、岡山西警察署、建築メーカー、工務店、不動産会社、設計事務所、電機設備会社、運送会社、鉄工所ほか
取引銀行 中国銀行、おかやま信用金庫、岡山市農業協同組合

沿革・ヒストリー

1969年
(昭和44年)
重本聖裕(父)が2tダンプトラックを購入し個人事業主として創業。
1971年
(昭和46年)
建設業に従事していた重本覚治(祖父)と重本聖裕が有限会社重本組を設立。重本覚治が代表取締役に就任。
1996年
(平成8年)
株式会社重本組に組織変更。重本聖裕が代表取締役に就任。
2016年
(平成28年)
重本浩司が代表取締役に就任。
現在に至る。